ぎっくり腰無料レポート請求

メールアドレス:

無料コンテンツ一覧


RSSリンクの表示


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ぎっくり腰
こんにちわ、小崎です。

今日は、極端な日でした。

最近、まれだったのですが、びっくりするほど
マナーの悪い患者に脅かされた一方、ある患者
さんに、もの凄い勇気を貰いました。

みなさんに、シェアしたくて臨時増刊号です(笑)。


私はここで、2003年にクリニックを開いて
もう8年目になりました。

その間、いろいろなことがありましたが、一番
がっかりさせられるのは、バンクーバーの古くから
いる日本人の人達の、口コミ、うわさ、嫌がらせ
などでした。

もちろん、私自身が右も左もわからずにバンクーバーで
クリニックを開けたのは、それらの人達の協力の
おかげでもあるんですが、、、、、

ものすごく日本人社会が小さいので、とにかく
良くも悪くも、影響があるわけです。

特に、日本人って他人がうまく行き始めると
脚を引っ張るようなそんなせこいことばっかり
するので、一致団結して中国人のようなバイタリティ
のあるコミュニティを作ることができません。

ですから、ある時期から意識的にそれらの人達の
コミュニティから遠ざかるようにしていたのです。

今日は、71歳の古い移民の日本人男性が来ました。

3回目の治療です。

15分くらい遅れて到着するなり、ディスカウントパッケージ
(5回券)の残り分の払い戻しを要求してきました。

理由は、もう2度と来ないからというのです。

通常、ディスカウントは、まとめて最初に買って
いただくため、かなり割引した値段で売っています。

そのため、払い戻しはできない事を最初に言って
いるのですが、、、、

もう、ごり押しです。

なんか、私の悪い噂かなんかを聞いたようです。

曰く、

・適当な治療で高額なお金を取っている
・患者をどなりつけたりしている
・プロフェッショナルでない
・やっている操体は、非常にマイナーで信用できない

最初、丁重な物言いをしていたアシスタントも
私も、だんだん腹が立ってきました。

15分以上も遅れてきて、30分以上クドクド
払い戻しのことをごり押ししたので、

1時間の治療時間がもうないこと。貴重な
時間を費やして、あと残り15分しか治療
できない事を告げると、突然火を噴いたように
怒り出しました。

「話し合いをしているだけでお前らは金取るのか!」

まあ、、、、

通常、予約制である意味は、その限られた時間を
その人のために使うためにあるのですが、それを
全く理解していません。

というか、はじめからイチャモンつけに来た感じですね。

最後は、お決まりの
「お前ら、このバンクーバーで仕事できないように
いいふらしてやるからな!」

要するに、古くからいる自分達に盾ついたら
目にモノ見せてやるという脅しですね。

ここまで、言われると信頼関係もくそもないので
要求されたお金を握らせて、帰って貰いました。

古くからいる人達がみんなこんな人達ばかり
ではありません。

しかし、私たちのような若い世代の日本からの
移民者にとって、こんな人達はとても気持ちの
滅入る先輩です。

さて、、、

次の患者さんは、車椅子の日本人女性アスリートの方です。

この患者さんは、車椅子テニスでかれこれ10年以上
世界ランクに名を連ねている方です。

わけあって、この方の身体のメンテナンスを
引き受けるようになってもう半年以上経ちます。

私のクリニックでは、「HADOアストレア」という
波動で人間の身体の調子を診断して改善する機械
があります。

「水からの伝言」で有名な江本勝さんが、バンクーバー
で講演会を開いたときにお会いして、その時に
この機械を実際に体験して、購入したものです。

江本さんは水に人の感情のエネルギーを転写する
ことができるという証拠として、水が凍るときに出来る
結晶の写真を撮ってきました。

水に『ありがとう』と言ってから撮った氷の結晶写真と
『ばかやろう』と言って撮った結晶とでは、まさに
天使と悪魔のように、その結晶自体が違うのです。

日本では、物理学者などを中心に、江本さんの
やっていることは、詐欺だとか、人心誘導だとか
いろいろ悪口を言われています。

しかし、世界的に見ると、江本さんはとても有名で
ロシアの研究者と共同研究をしたり、世界中の彼の
ファンに呼ばれて講演会を開いたりしているのです。

その話をアスリートの患者さんにしたときに、
簡単に自分で感情のエネルギーが存在することを
測定できる方法を話しました。

炊いたごはんを2つのパックに入れて、片方には
『ありがとう』と毎朝、毎晩話しかけ、片方には
『ばかやろう』と話しかけると、2ヶ月程度すると
明らかに、『ばかやろう』と話しかけた方が
腐り方が早いという実験方法です。

これは、江本さん自身が本の中で話されている方法
なのですが、私自身は信じているにも係わらず
今まで、やったことがありませんでした。

ところが、、、、、

この女性アスリートさんは、早速4月の半ばに
ご飯をパックに入れて、実験をやり始めたのです。

すごい実行力!!

しかも、話しかける時間がないと思ったので紙に
感情を書いて、置いたということでした。

最初の写真は、6月10日撮影です。

2010年6月10日撮影

次の写真は、6月24日撮影のものです。

2010年6月24日撮影


ねっ!!!!

明らかに、Fワードの方は、腐る度合いが
早いですよね。

結論としては、、

人間の感情は人間お互い同士の気持ちの問題
だけでなく、地球全体に影響を及ぼすということ
です。

しかも、、、、

それは、実験のように一度無機物に転写しても
(文字に残す)長期間に渡って、影響を
及ぼす!!ということなんです。

怖いくらい、正確にその効果は調べることは
できます。

日本の物理学者は、江本さんのやっている
氷の写真を撮るという実験そのものを無意味
だからという理由で追試験すらしません。

でも、やればごはんのように、結果は出る
わけです。

しかし、これを学会で認めてしまえば、今までの
物理法則がすべて塗り変わるわけですから
認めるわけには、いかないんですよね。

偶然、そのご飯の実験結果が写真で残っている
ことを知って、送ってもらいました。

みなさんに、シェアしたいと思います。

ちょっと、地球さんのことを真剣に考える
チャンスかも知れませんね。

当然、自分の感情が自分の身体にどんな
影響を与えるかは、言わずもがなといった
ところでしょうか?

考えてみたら、最初に出てきた71歳の
日本人男性は、肩を中心にした上半身の
激痛に悩んでいました。

いろいろな医学的検査をしても原因は
わかりません。

さらに、どんな治療をしても、よくならないのです。

私のところでも、治療後2,3日はかなり
楽になるのですが、すぐ痛みがまたぶり返す
というのが、私への不信感だったようです。

しかし、、、、

これを読んだあなたは、この男性の痛みの
真の原因がわかったのではないでしょうか?

この男性の日頃考えている、あるいは
思っていることが身体に影響を及ぼして、、、

これ以上は、言わなくてもわかりますよね。

ある意味で、この男性は非常に哀れだと思います。

またメールします。

ここまで、付き合ってくれてありがとうございます。

お読みになった中で、疑問や質問、ご意見等
ありましたら、下記の私のメールアドレスまで
お願いします。

匿名でもぜんぜん構いません。

info@sotaicanada.com

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ぎっくり腰を語るカナダの  一匹狼操体師 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。