ぎっくり腰無料レポート請求

メールアドレス:

無料コンテンツ一覧


RSSリンクの表示


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ぎっくり腰
こんにちわ、小崎です。

バンクーバーは、オリンピック真っ盛り
開会セレモニーは本当に幻想的なショーが
印象的でした。

上村愛子選手、惜しかったですね~!

やっと、操体を使った慢性腰痛を撃退
するビデオが完成しました。

興味のある人は、下の無料ビデオの
フォームから登録して置いてください。

それから、この場を借りて、エクササイズ
ボールを注文した人達に連絡です。

日本時間で2月16日火曜日にボールを
日本に向けて発送します。

長らくお待たせしました。

最終的に、私がボールを使ったエクササイズ
をやってみて5インチのボールを送りました。
これが、ベストだという判断です。

中の空気も大体このくらいだろうという程度に
入れておきました。

ボールエクササイズのビデオを作製中です。
もう少しでご紹介できると思います。

やってみて気づいたのは、上半身の
エクササイズをすると終わった後
背筋が伸びて、肩のゴリゴリしていた
音が聞こえなくなり、スムーズに
動くようになります。

もちろん、腰から下はなんか、、、、
なくなったような感じです。

重だるい感じがなくなるので
フワッと浮いた感じです。

ちょっと快感です。

私が、長年、操体法を研究しながら
コチコチに固まって動けない人達向けに開発した
『骨押しテクニック』を自分で出来る様
にアレンジしたのが、このトリガーポイント
ボールエクササイズです。

ビデオの全編に渡って、その研究成果を
ちりばめているので、トリガーポイントを
刺激するだけではないことを覚えて置いてください。

ビデオが出来上がったら、ボールと一緒に
ご紹介して、どなたでも購入できるように
します。

さて、今日からは頻繁に起きるぎっくり腰を克服する
健康法である『操体法』をご紹介していきましょう。

ご要望がありましたので、まずは、どうやるのか
お話をしていきましょう。

操体法とは!!

一言で言うと歪みを正す方法です。

身体の歪みってなんなの?骨格の左右不対称
とでもいいましょうか、、、

人間の身体は左右対称に筋肉群が張り付いて
います。特に身体全体を筋肉がクロスする
ように、身体全体の動きを支え、コントロール
しているのです。

ですから、例えば無意識の身体の動く癖や
長時間の偏った姿勢、偏った動き、そして
ストレスなどが持続すると、筋肉の左右対称性
が失われ、その結果として骨格が歪んでしまいます。

ひいては、骨格の中に納まっている内蔵への
血流や体液の働きが滞ってしまい、病気に
なります。

ですから、この身体の歪みを正すことは人間に
とって、最重要課題だと言えましょう。

操体法を創始した故橋本敬三医師は、

「万病は身体の歪みから引き起こされ、
その歪みは気持ちの良い動きをすること
で正され治っていく」と言っています。

ポイントは『気持ちの良い動きをする』
ことです。

よく、ストレッチやヨガなどは動きの悪い
筋肉をしつこく時間をかけて刺激をします。

もちろん、歪みを正すためなのですが、、、

というか、縮んだ筋肉を弾力性のある健康な
筋肉に戻すためなのですが、、、、

この方法は、時間がかかる上に危険性が伴い
ます。

なぜなら、縮んだ筋肉を無理にストレッチする
と筋や腱をダメージする可能性があるからです。

ヨガの初心者やインストラクターなどが、
実は私のクリニックに良く来ます。

なぜなら、彼らはヨガを『無理すること』
と勘違いしているんですね。

しかし、疲れた筋肉を健康な弾力性のある
筋肉に戻そうと思ったら、一番、簡単で
効果的で、時間がかからないのが実は
『操体法』です。

筋肉を『緩める』という発想はほかの
身体調整技法にはない発想かも知れません。

ぎっくり腰になるとお医者さんには
「筋肉が弱っているので、筋肉を鍛えなさい」
と言われますが、私はナンセンスだと思っています。

鍛える前に、コチコチになった筋肉を緩める
必要があるのです。

じゃ、どうやって??

ある程度、筋肉を縮めておいてポンと脱力すると、
筋肉は、前よりフワーッ緩んでくれます。

ところが、その縮め方が強すぎても弱すぎても
うまく筋肉は緩んでくれません。

ちょうど良く縮めるコツが『気持ちよく動く』
ことなのです。

ねこがグーッと背伸びをしているところを
見たことがあるでしょう?

あれってなんか気持ち良さそうですよね。

あくびをしながら足先を全部伸ばしている
のも時々見かけますが、あれも気持ち良さそうですよね。

あれが、私が言っている『気持ちよさ』です。

彼らは、縮んでいる筋肉をいちいちストレッチして
引き伸ばそうなんて思っていません。

無意識に気持ちよくやってるんですよね。

neko.jpg


今日は、まず難しいこと抜きに長時間パソコンの前に座っていたり
腰の違和感が取れなかったり、ぎっくり腰の予兆があったり、、、
首、肩こりが酷かったり、、、、、

そんな、あなたにピッタリなエクササイズです。

実は、かなり万能なエクササイズです。

ちょっとしたスペースがあれば、立ったまま出来ますので
会社の仕事の合間なんかにオススメです。

実は、、、、

座ったままでも、OKです。

私のクリニックには、車椅子の身障者アスリート
(テニスの世界ランカーです。密かに2年後の
ロンドンオリンピックを狙っています)

も来ていますが、彼女にも早速これを教えようと
思っています。

今までは、筋バランスを私が取るだけでしたので
考えてみたら、セルフエクササイズを教えて
いませんでした。(失敗した~!)

週に6日間、個人トレーナー付きでハードな
練習に耐えています。

身の回りには本当に頭の下がる人がいて、
毎日そんな人達に教えられてばかりいます、、、

ありゃ??話が脱線しました。

えーっと、胸を反ったり、腕を伸ばしたりと、
一見ストレッチエクササイズ風ですが、実は
伸ばす方ではなく縮んでいる部分の筋肉が緩む
仕掛けになっています。

効果は、やってみればわかりますが、
そんじょそこらのヨガ●トレッチとか、
ゆる体●とか目じゃないですね。

★エクササイズ1
・まず、肩幅に立って、正面を向き
腕の力を抜いて、自然体で立ちます。

・指を身体の後ろで組んで息を吐きながら
胸を反らせて、お尻を後ろに突き出します。

・息を吐きながらしっかり肘を伸ばして
手を組み、胸を反らせましょう。

・3回、息を吐く(鼻で吸って口で吐く)
タイミングで、グーッと身体を絞る感じ
です。

・3回目、息を吐ききったら5秒程度
息をこらえて、背中をたわめて一気に
脱力して下さい。

★エクササイズ1-2
★エクササイズ1-1


※どのエクササイズもネコの伸びの気持ちよさを
イメージしてください。やり過ぎないで
気持ちよい程度でやってください。

※なお、肩が痛くて腕が後ろに回らなかったり
上に挙げられない人はこのエクササイズは
できませんので、ご了承ください。

★エクササイズ2

・息を吐くタイミングでグーッ身体に力
を入れるのはエクササイズ1と同じです。

・今度は手を頭上で組んで、天井方向に
伸びます。

・ただし、頭をできるだけ前に倒して
胸に近づけ、口を大きく開いて吐きます。

・息を吐きながらしっかり肘を伸ばして
手を組み、腕を天井に伸ばしましょう。

・3回、息を吐く(鼻で吸って口で吐く)
タイミングで、グーッと身体を絞る感じ
です。

・3回目、息を吐ききったら5秒程度
息をこらえて、背中をたわめて一気に
脱力して下さい。

★エクササイズ2-1
★エクササイズ2-2


★エクササイズ3

・息を吐くタイミングでグーッ身体に力
を入れるのはエクササイズ2と同じです。

・ただし、今度は腕を天井に伸ばしながら
頭を後ろに反らして、胸を反ります。

・息を吐きながらしっかり肘を伸ばして
手を組み、腕を天井に伸ばしましょう。

・3回、息を吐く(鼻で吸って口で吐く)
タイミングで、グーッと身体を絞る感じ
です。

・3回目、息を吐ききったら5秒程度
息をこらえて、背中をたわめて一気に
脱力して下さい。

★エクササイズ3-1
★エクササイズ3-2



※どのエクササイズも、3回ずつ繰り返してください。
所要時間は5分くらいかな?

ちょっと、身体の芯が疲れる感じは
しますが、首肩こりからくる頭痛や

背中、腰の痛みなどとにかく信じられ
ないほど、解消できます。

お試しあれ!
まずは、やってみて身体が緩む感じを
掴んでください。


次回は、このエクササイズをするときの
コツとか、立位のエクササイズをもう少し
詳しく話していきます。

お楽しみに!

またメールします。

ここまで、付き合ってくれてありがとうございます。

                   小崎恒志

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

まだ、私が作った『ぎっくり腰を正しく知り
その場で70%の痛みを取る無料ビデオ』を
見ていない場合は、ここから、入って早急に
ビデオを観ておいて下さい。

これから、お話しする慢性腰痛との関連を
理解するためには、どうしても必要です!

こちらからお入りください

お読みになった中で、疑問や質問、ご意見等
ありましたら、下記の私のメールアドレスまで
お願いします。

匿名でもぜんぜん構いません。

info@sotaicanada.com

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます
--------------------------------------

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ぎっくり腰を語るカナダの  一匹狼操体師 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。