ぎっくり腰無料レポート請求

メールアドレス:

無料コンテンツ一覧


RSSリンクの表示


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ぎっくり腰
こんにちわ、小崎です。

本当に、いろいろな人にいろいろな質問を
いただいて私も充実感にあふれて、
やる気をいただいております。

ありがとうございます。

今後も、何かご意見、ご質問がありましたら
遠慮なく直接メール下さい。

なかなか直接メールを返すことはできませんが、
基本的にすべて目を通して、必要なときは
メールを返しますし、メルマガで対処法を
紹介できるときはしております。

さて、前回まで、トリガーポイントを刺激する
エクササイズについて紹介してきました。

基本的にこのエクササイズは、ご自分で
慢性的に痛む腰痛を克服するように考えて
おります。

使うものは、5~6インチのゴム製のボールです。

子供がよく使うボムボムボールのようなものでは
柔らかすぎて効果が出ません。

テニスボール程度の硬さと弾力性が必要ですが、
今度は、大きさが足りません。

散々探したのですが、結局日本では、手に入らない
ことがわかりました。

そこで、考えました、、、、、

あなたに、エクササイズを紹介しておいて、やる
方法がないというのでは、困りますよね。

私が、カナダで代理店として大量に購入して
できるだけ、コストカットしてあなたに提供します。

これは、本当にあなたにはお得だと思います。

アメリカから個人輸入すると間違いなく日本円で
税金・送料を入れると4000円前後かかります。

というか、、、、

日本にシッピングしている会社があるかどうか、、
結構大変です。

元値が$25前後のものですから、2倍程度です。

私は、あなたに送料込みで3500円で提供しましょう。

送る手間とか、荷造りの手間を考えるとほぼ利益
は残りません(笑)

ただし、在庫を抱えてどうしよう、、、

というのも、困りますので、ここでアンケートを
取ります。

下のアンケート欄から、欲しいと希望する方は
ワンクリックお願いします。

あなたはスペシャルエクササイズボールの購入する意志がありますか?
Powered By クリックアンケート

もし、複数個欲しい場合は、コメント欄に
個数をお書き下さい。

そのクリック数を元に、私がボールを購入します。
その後、ボールが到着し次第、あなたにお知らせします。

そしたら、日本の私の銀行にボール代金を振り込み
していただき次第、ボールを発送します。

私は、これを商売にする気はありませんので、
あくまで、ほぼボランティアであることを
ご了解下さい。

しかし、申し込んでいただいた方には
薬も飲まず、シップも使わず慢性腰痛の痛みを
その場で減らす、スペシャルエクササイズ
のビデオを無料でプレゼントします!

今後このボールのエクササイズビデオ
(ダウンロード専用)や、腰痛対処法
なども、破格なお値段でご紹介します。

さて、今回は、トリガーポイントセルフ
エクササイズの総集編です。

おさらいすると

・脊柱起立筋
トリガーポイント
痛覚エリア
エクササイズ法

※一日中座っている現代人は、この筋肉が「ワケあり筋」になる
 確率が高いです。

・腰方形筋
トリガーポイント
痛覚エリア
エクササイズ法1
エクササイズ法2

※ぎっくり腰になる確率の高い筋肉です。
 明らかにトリガーポイントと痛くなる場所が
 違うので、ここらが痛い場合は、必ず腰方形筋のしこりを
 疑って、エクササイズしてください。

・小殿筋
トリガーポイントと痛覚エリア
エクササイズ法

※俗に言う、坐骨神経痛と間違えるMSPです。
 これも、トリガーポイントと痛むエリアが全く違います。

・梨状筋
トリガーポイントと痛覚エリア
エクササイズ法

※これも、坐骨神経痛と間違えやすいです。

などを紹介してきました。

今日は、な、なんと腹筋が硬くなると腰痛になる
ことを紹介します。

皆さんは、よく怒ると「腹が立つ!」という言い方
しますよね。これは、実際に怒りそのものが腹筋に
作用して、お腹の筋肉が硬くなることを示しています。

前から、ストレスと腰痛の関係をお話していますが、
まず、下記のような、背中や腰がベルトのように
痛む場合は、

腹直筋の痛覚エリア

明らかに腹直筋が「ワケあり筋」になっています。
要するに、ストレスを溜めてしまっているわけです。

トリガーポイントは次の通りです。

腹直筋のトリガーポイント

まず、次のお腹をボールで緩めるエクササイズを
行ってください。

腹直筋のトリガーポイント刺激法

実は、このトリガーポイントのセルフエクササイズでは、
どの筋肉が関連していようと、まずはお腹から緩めること
をお勧めします。

結局、腰痛の原因がストレスである以上、お腹を、とにかく
一番最初に緩める必要があるからです。

直接、硬い『腰側』の筋肉を最初に刺激すると
やりすぎて後で痛む場合があります。

ですからそれを防ぐ意味でも、お腹をまず最初に
緩めることは非常に大切です。

覚えておいてください。

次に、大殿筋と中殿筋です。

以前に、小殿筋が「ワケあり筋」になると坐骨神経痛の
ような痛みが出ることをお話しました。

今度の中殿筋が「ワケあり筋」になると、お尻の中央から
脇にかけて痛みます。

中殿筋のトリガーポイントと痛覚エリア1

中殿筋のトリガーポイントと痛覚エリア2

中殿筋のトリガーポイントと痛覚エリア3

特に、俗に”尾てい骨”と言われる仙骨が痛む場合は
この筋肉の問題を疑っても良いかも知れません。

これは、大殿筋も場合も同じことがいえます。
大殿筋のトリガーポイント

大殿筋の痛覚エリア

これらの筋肉の刺激の仕方は次の通りです。

大殿筋のトリガーポイントの刺激法
中殿筋のトリガーポイント刺激法

このほかに、腰周辺の筋肉が「ワケあり筋」になる
理由として椎間板が、押しつぶされてしまい、
その周囲の筋肉が、それを守ろうとして硬くなる
場合があります。

その椎間板を上下にストレッチして、椎間板
そのものに水分を取り戻すエクササイズが
この2つです。

椎間板ストレッチエクササイズ1
椎間板ストレッチエクササイズ2

やってみましたが、かなり気持ちよく、腰が伸びたような
気がします。

当然、痛みがラクになる感じがします。

この2つのエクササイズだけでも、例の
エクササイズボールが欲しい理由のひとつに
なりますよね!

腰痛が出る、その他の原因として腸腰筋が
あげられます。

この筋は、身体の深い部分にある深層筋です。
身体を支えるとともに、立ったり座ったりする
姿勢で股関節を90度以上時に、使われます。

この筋が「ワケあり筋」になると、次のように
丁度腰椎の周りを縦に痛くなるとともに、前面
にも痛みが出ます。

腸腰筋のトリガーポイントと痛覚エリア1
腸腰筋のトリガーポイントと痛覚エリア2

この場合は、お腹から腿の前面にかけて、腹直筋の刺激方法
と同じように、ボールを使いましょう。

「それじゃあ、どこの筋肉が原因で、腰痛になるか、
多すぎてわからないじゃないの?」という疑問が
出てくるかもしれません。

正直言ってそうですよね。

ですから、ボールを使う場合は
順番に、当てはまりそうなところを
刺激していきます。

ボールを使う場合は、空気をどの程度
ボールに入れるかで、強い刺激になったり
弱い刺激になったりします。

空気入れは、バレーボールやバスケットボール
に空気を入れるポンプを使います。

また、刺激する場合は、グリグリ押し付けると
いうよりは、痛いところが見つかったらば
息を吐きながら、ゆっくり体重をかけるつもり
で、ボールに体重を乗せるのが、最も効果的です。

グリグリすると、その時は気持ち良いけれど
後で、痛くなる原因にもなります。

次のトリガーポイントの順番で満遍なく刺激しましょう。

1、腹直筋・腸腰筋‥お腹、ももの前面
2、大殿筋・中殿筋・小殿筋・梨状筋‥お尻の周り
3、椎間板のストレッチ・脊柱起立筋‥仙骨、腰椎周り
4、腰方形筋‥身体のワキ

このほかにも、背中や肩甲骨周り、肩、首
などのトリガーポイントもありますが、また
それは、別の機会に説明しましょう。

これで、腰周りのトリガーポイントセルフエクササイズ
の説明を終わります。

もう一度言います。、ボール購入予定の方は、
次からワンクリックしておいてください。

複数個必要な場合は、コメント欄に
ほしい数を記入してください。

よろしくお願いします。

あなたはスペシャルエクササイズボールの購入する意志がありますか?
Powered By クリックアンケート

次回からは、EFT(感情解放テクニック)と腰痛の
関連について、具体的な方法を交えてお話します。

お楽しみに!

またメールします。

ここまで、付き合ってくれてありがとうございます。

                   小崎恒志

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

まだ、私が作った『ぎっくり腰を正しく知り
その場で70%の痛みを取る無料ビデオ』を
見ていない場合は、ここから、入って早急に
ビデオを観ておいて下さい。

これから、お話しする慢性腰痛との関連を
理解するためには、どうしても必要です!

こちらからお入りください

お読みになった中で、疑問や質問、ご意見等
ありましたら、下記の私のメールアドレスまで
お願いします。

匿名でもぜんぜん構いません。

info@sotaicanada.com

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ぎっくり腰を語るカナダの  一匹狼操体師 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。