ぎっくり腰無料レポート請求

メールアドレス:

無料コンテンツ一覧


RSSリンクの表示


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ぎっくり腰
こんにちわ、小崎です。


読者アンケートの結果では、
「とにかく治療法を教えろ!!」

の声が高かったので、前回から具体的な
治療法を載せています。

前回は、どうにもならない激痛が
ずっと続くような方のために
トリガーポイントブロックについて
ご紹介しました。

現在ではこの加茂先生のTPG
(トリガーポイントブロック)治療法
は、少しずつ全国に広がっています。

ペインクリニックでも、この治療を
取り入れているところもあるようです。

どうにも自分の腰が大変な方は、お近くの
ペインクリニックに電話をしてこの
TPGをしているかどうか確認をしてみて
下さい。

中には、○○ブロックと勘違いしている
医師もいます。

きちんと加茂先生の名前を出して、
同じ治療法であるかどうか聞いたほうが
良いと思います。

さて、慢性腰痛すなわち、筋骨格系の
痛みはすべて「筋肉痛」だという話を
しました。

この観点から見れば、椎間板ヘルニアも
坐骨神経痛も「ワケあり筋」の筋硬結が
引き起こす筋肉痛です。

実は、この概念をきちんと表した言い方が
MPSです。

日本語に訳すと筋筋膜性疼痛症候群です。
すでにアメリカでは1983年にこの概念は
医師が本で発表し、トリガーポイントについても
併せて紹介されました。

ところが、日本の整形外科医の大半がこの
MPSについては、よく知らないのです。

なんかおかしいですよね。

さて、とても酷い激痛が24時間も続く
超難易度の高い慢性腰痛でなければ、
あなたでも、一人で自宅で腰痛を
治すことができます。

どうやって?????

明日、またぎっくり腰をするかも
知れない、、、、

と年に4,5回以上、ぎっくり腰を
繰り返し、その恐怖にじっとりと
手に汗をかいているあなた!

よく聞いておいて下さい。

★慢性腰痛のほとんどが、MPSです。

★慢性腰痛のほとんどが、ストレス関連の
メンタルな問題と絡んでいます。

★精神的な部分と肉体的な部分の両方から
アプローチしないと治りません!

医師から、椎間板ヘルニアとか坐骨神経痛
だとか言われたあなたが、どんなに自分の
身体に対してコンプレックスと恐怖をもって
いるか、お察しいたします。

しかし、実は単なる「筋肉痛」なんです。

恐れないで下さい。

寝たきりになるとか、歩けなくなるだとか
そういうことは、絶対ありません。

しかし、現実に痛みがあることをきちんと
前々回からお話しているように『痛みが歪む』
からだと納得してください。

そこに痛みがないはずにも係わらず
痛みが続くメカニズムを人間は持っている
のです。

自分で、できる治療法としては

1、トリガーポイント療法
2、EFT(感情解放テクニック)
3、操体法

これが、私の結論です。

少しずつその全容を明らかに
していきたいと思います。

ます、トリガーポイント療法です。

加茂先生が行っているのは、直接トリガーポイント
に、身体にほとんど害のない麻酔薬を注射する方法
です。

○○ブロック療法のように、脊髄近くを狙って
注射するわけではないので、危険性は少ないですし
費用も、1/10くらい安いです。

ということは、普通の医師は使いたがらないわけですね。

トリガーポイントとは、前回ご説明した「ワケあり筋」
のなかに、押さえると痛みが放散する部分のことを言います。

古くは、東洋のツボの概念に最も近く、事実ほぼツボと
同じ場所のトリガーポイントはかなりあるのです。

興味深いのは、必ずしも『ワケあり筋』そのものが
痛むわけではないということです。

押されると痛い場所と、日常的に痛む場所が
食い違っていることがあるということなのです。

これでは、素人にはわかりにくいですよね。

まずはこちらの動画からご覧下さい。

テニスボールを使ったマッサージの仕方を
紹介している動画なんですが、、、

トリガーポイントの知識さえあれば、誰でもが
テニスボールなどを使って自己治療できるように
思えますよね。

しかし、実際は、自分だけではトリガーポイントを
ぴったり探し出すのは難しいと思います。

テニスボールの大きさと硬さに問題があると
私は思いました。

ある程度の硬さと、刺激をする場所が少々
ずれていてもカバーできる『大きさ』が
必要です。

そして、、、、

ついに私は見つけました。

このボールです!

アメリカやカナダではすでにフィットネスの分野
だけではなく、治療やリハビリの分野にこのボール
が使われ始めています。

日本ではまだ紹介されていません。

私が、日本初ということになります!!

5インチ(12cmちょっと)で、バスケットボール
や、ラグビーボールのような結構頑丈なゴム製です。

いろいろな大きさが出ていますが、この大きさが
丁度筋肉の硬い日本人向けにはピッタリです。

実際、肉を食べる白人と長い間、農耕民族だった
日本人では、筋肉の質が違います。

白人の筋肉は断然柔らかいのです。

この大きさのボールをできるだけゆっくり
刺激することで、深層筋を緩めることが
可能です!

初心者は、できるだけ空気を抜いた状態から
始めるのがベストです。

今日は、このボール使ってどのポイントを
刺激したら良いか、お話しましょう。

この図は、脊柱起立筋のトリガーポイントです。

そして

この図が、脊柱起立筋がワケあり筋になったときの痛覚エリアです。
ということは、大体痛い場所とワケあり筋がダブっているので治療は
しやすいですよね。

こんな感じでボールを使います。

この写真は、アメリカのエアロビクスのインストラクターがデモをしています。

正直言って、このポーズは腰痛がある方には無理っぽい(笑)
ので、詳しく知りたい方は下の問い合わせメールアドレスから
連絡ください。

ボールとダウンロードできる動画をセットにして日本人にマッチした
トリガーポイントボールエクササイズを私が考案しています。

これは、ぎっくり腰の好発部位の腰方形筋のトリガーポイントです。

びっくりすることに、痛覚エリアがトリガーポイントとは全然違います。

腰と骨盤の境とか仙骨や坐骨付近が痛い場合は、腰方形筋が痛んでいる
と考えてよいでしょう。

これらは、腰方形筋の刺激方法の写真です。

→刺激方法1
→刺激方法2

慢性腰痛がある場合は、しっかりと痛い部分を把握し、
そのトリガーポイントを間違わずに刺激することが必要です。

その代表的な部分をシリーズでお伝えしますので
楽しみにしていて下さい。

またメールします。

ここまで、付き合ってくれてありがとうございます。

                   小崎恒志

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

まだ、私が作った『ぎっくり腰を正しく知り
その場で70%の痛みを取る無料ビデオ』を
見ていない場合は、ここから、入って早急に
ビデオを観ておいて下さい。

これから、お話しする慢性腰痛との関連を
理解するためには、どうしても必要です!


→こちらからお入りください


お読みになった中で、疑問や質問、ご意見等
ありましたら、下記の私のメールアドレスまで
お願いします。

匿名でもぜんぜん構いません。

info@sotaicanada.com

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ぎっくり腰を語るカナダの  一匹狼操体師 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。