ぎっくり腰無料レポート請求

メールアドレス:

無料コンテンツ一覧


RSSリンクの表示


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ぎっくり腰
こんにちわ、小崎です。

今までこのメルマガやブログで
紹介していた「究極のぎっくり腰
エクササイズ」のビデオを観た人達
から、数多くのお礼のメールをいただきました。

本当に心の底から嬉しかったです。

中には、

”娘の成人式になんとか 同伴できました
ありがとうございます。”

”ぎっくり腰をしてからひたすら暖めていたのが、
腰痛を悪化させている原因だとわかった”

”自分のストレッチに、教えてもらった
スパイダーマン体操をするとなんだか
体が楽になる”
※あのキャラクターの著作権者から苦情が
来ませんね、、、、、不思議です。

とか、なんだか僕もやる気が出てくる内容が
数多く届きました。

他にも、数多くいただいておりますが、個別に
対応できませんので、この場を借りて感謝して
いる気持ちをお伝えしたいと思います。

皆さんが、私のwall Exercise + Tiptoeing を
して頂いているようですね。

ビデオを45分も観るのは、苦痛だったと
思いますが、よくぞ見てくれました!

感謝です!

信じられなかったかも知れませんが、ぎっくり腰
の70%の痛みの根拠が『筋肉痛』なのです!

まあ、、、、

何度も説明しているので耳タコでしょうが、
もし、ぎっくり腰を起こしたときに体の
構造上の異常があったとしましょう。

例えば、椎間板ヘルニアがレントゲンで
見つかって、私のクリニックに来て
そのレントゲンの写真を僕に見せながら

「医者から、手術を勧められているんで
すが、どうしても必要でしょうか?」

とたまに言われる事があります。

答えは、ある例外を除いて「NO!」です。

ポイントはたった一つです。

腰痛のある部分から足にかけて
麻痺症状があるかどうかです。

もし、「麻痺」があるようなら、即刻手術
すべきです。

しかし、「痛み」とか「しびれ」であれば、
手術して治る保証はありません。

医師も含めて多くの人が「麻痺」と「しびれ」
を混同しています。

「麻痺」は、動かそうという意志があるけど
筋肉が動かず、神経が何らかの原因で正常に
機能していません。

この場合は、重大な病変が隠れている場合が
あるので、即刻病院に行ってください。

しかし、「しびれ」は、筋肉のこわばりによる
血行障害が原因です。

正座した後に立てなくなるアレです。

椎間板ヘルニアで麻痺症状が出ていない限りは
痛みとしびれの原因は『筋肉痛』です。

この『筋肉痛』さえ、なくなれば椎間板ヘルニア
があろうとなかろうと関係ないのです。

事実、私のクリニックで手術を薦められた患者
さん達は、『操体法』で一人残らず、治癒して
いきました。

今まで、ビデオを観てくださった皆様の
アンケートでは、本当に数多くの質問を
もらいました。

本当は、時間があれば一人一人に回答を
してあげたいのですが、それもかなわないので
この場を借りて申し上げたいと思います。

もし、あなたが体の構造上の異常から来る
病気だと診断されているなら、私があなたの
助けになると思います。

また、私のエクササイズを行っても芳しい
結果が得られない方も、諦めないでください。

こんなあなたは、日常生活の動作の癖が原因で
体が歪みが酷いと思います。

いわゆる『慢性腰痛』になっているのです。

まずは、歪みを正していくのが先決です。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ここで、あなたは、4つの事を考えるかも
しれませんね。

1、とにかく今すぐ治療法を教えて欲しい。

2、慢性腰痛が『筋肉痛』である原因・根拠はなんだ?

3、治療のやり方をわかりやすく説明して欲しい。

4、慢性腰痛を『筋肉痛』で理解するメリットは?

この4つのどれを最初にするか正直
迷っています。

とことん、あなたの腰の問題のヘルプを
したいと思っています。

あなたが100%満足するよう努力したいのです。

そこで、3日間のアンケートを取ります。
ワンクリックデすみますのでご協力お願いします。

あなたは、次のうちどれを最初に知りたいですか?

Powered By クリックアンケート

また、メールします。

ここまで、付き合ってくれてありがとうございます。

                   小崎恒志

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

まだ、私が作った『ぎっくり腰を正しく知り
その場で70%の痛みを取る無料ビデオ』を
見ていない場合は、ここから、入って早急に
ビデオを観ておいて下さい。

これから、お話しする慢性腰痛との関連を
理解するためには、どうしても必要です!

→こちらからお入りください

お読みになった中で、疑問や質問、ご意見等
ありましたら、下記の私のメールアドレスまで
お願いします。

匿名でもぜんぜん構いません。

info@sotaicanada.com

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

コメント

ぎっくり腰治療の指導により三日間治療の結果大変よくなりました殆んど全快に近くなりました 感謝しております 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ぎっくり腰を語るカナダの  一匹狼操体師 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。