ぎっくり腰無料レポート請求

メールアドレス:

無料コンテンツ一覧


RSSリンクの表示


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ぎっくり腰
今日は、若いカップルが一緒にクリニック
に来ました。

だんなさんの方は、かなりのマーシャル
アーツ好きで、柔道やキックボクシング、
テコンドーなどいろいろやっていたのですが、

ある時から肩甲骨の内側の筋肉を傷めてしまい、
マーシャルアーツが楽しめなくなったので、
止めてしまったという経歴の持ち主です。

できれば、痛みの原因になる歪みを直して
もう1度マーシャルアーツを楽しみたいと言う希望です。

奥さんのほうは、ストレスアウトして
1ヶ月前に仕事を止めて、現在自宅療養しながら、

ストレスを抱えたおかげでダメージを受けた体の
あちこちの痛みが慢性化しており、
なんとか健康体に戻りたいという希望です。

それぞれが、違う目的で僕のクリニックに
来ました。

まだ2人とも30代前半で、若く体力も
あります。

それでは!ということで、ただ単に治療を
するのではなくて、自分の問題点をしっかり
認識した上で、自分で自分の体をメンテナンス
する操体セルフエクササイズを覚えてもらうまで、
通ってもらうことにしました。

今日で、2人とも4回目です。
すでに『操体』特有のゆったりと自分の感覚を
聞きながら動く方法は、ほぼマスターしてもらっています。

ですから、あとは、自分にあったセルフエクササイズを
覚えてもらうだけです。

だんなさんの肩甲骨の痛みは、1週間のうち
後半の2日だけ感じるようになるまで、
好転しています。

奥さんの恒常的な首の痛みと肩こりは、
日常生活ではほぼ感じなくなっています。

ですから、今日は治療と言うより
セルフエクササイズのやり方について、
いろいろ覚えていただきました。

といっても、ほとんどが治療の最中に
行っている操法を1人用にアレンジした
ものなので、難しくはありません。

そして最終目標は、10種類くらいの
セルフエクササイズを繋げて、自分なりに
行う方法をマスターしてもらうことです。

そうなると、後は1ヶ月に1度程度の
メンテナンス操体をやりにクリニックに
来てもらうだけなので、私も患者さんも
楽ですね!というわけです。

ということで、『操体』については、
後日ゆっくりとレクチャーする機会が
あると思いますので、
世間話はこれくらいで、本題に入ります。

前回は、ギックリ腰を冷やす方法としては、
『氷』が良いよ。という話をしました。
ジェルだと冷やしすぎるので良くないと
いう話だったと思います。

皆さんは、固いチョークを左右に捻ったら
ポキッと斜めに折れるのは知ってますよね。

筋肉も同じです。疲れて乳酸が溜まった筋肉を
急に捻ったり突っ張ったりすると、
斜めにスッと切り傷が入って、
内出血を起こします。

深い部分に起こると表面からは分かりません。

もう1つのギックリ腰の原因としては、
やはり筋肉が疲労すると、骨に余計な
負担がかかって腰椎の間のクッション剤が
潰れかけて炎症を起こすことです。

これらは、傷が体内に出来てそれを治すため、
体液が患部に集中します。

それが腫れの原因になり、神経が圧迫
されて痛みます。

要するに生体が過剰反応することが
痛みのもう1つの原因になるのです。

ですから、体液の流れを押さえて
腫れないようにするのが『冷やす』目的です。

しかし、同時に患部を治すのに十分な血流も
確保しなければなりません。

『冷やし過ぎ』は、治癒も阻害してしまうのです。

ですから、冷やす温度としては氷点下0度、
時間としては1回あたり1時間が限界です。

その目的にピッタリなのが『氷』です。

製氷皿から6~7個を流水にサッとさらしてから、
ビニール袋に入れて漏れないよう口をシッカリ縛ります。

できれば、最初、痛いくらい冷たいですが直接患部に
ビニール袋ごと貼りつけるのが最適です。

2~3分で患部が清涼感に変るはずです。

クリニックでは、その後、

☆☆☆☆温めます☆☆☆☆

勘違いしやすいのが、冷やせばそれで良いんだと
思い込むことです。

しかし、生体は、冷えやすいので、
あくまでも体液の流れを確保するため、
患部以外の部分を温めます。

身体の中心から遠い部分を中心に、
遠赤外線で温めると良いようです。


家庭では、氷によって身体全体が冷える
ことを防ぐために、布団に入るか、
厚着をしましょう。

一番簡単なのは、仰向けで布団に入って、
痛い腰の部分に氷を当てる方法です。

このまま寝ても大丈夫。

1時間もしないうちに氷は水に変りますので、
安全です。

その後、ビニール袋は寝床の外にポイッと
すれば、痛みがやわらぐので、眠りに入りやすいです。

患部が、かなり痛い間は、1時間経って、
氷をはずした後、皮膚温度が正常に戻った
ことを確かめて、また冷やします。

さて、この後、動いても痛くない方を
探しながら『操体』をします。


操体が終わった段階で、クリニックに
来た当初の約4割の痛みが軽減されます。

そして、家で行うスペシャルセルフエク
ササイズ覚えてもらいます。

このエクササイズを終わった段階で痛みが
さらに3割近く軽減します。


次回は、このスペシャルセルフエクササイズを
大公開!します。お楽しみに!

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ぎっくり腰を語るカナダの  一匹狼操体師 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。