ぎっくり腰無料レポート請求

メールアドレス:

無料コンテンツ一覧


RSSリンクの表示


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:患者手記
こんにちわ、小崎です。

カナダに在住していて、1年前に日本に
お帰りになった、元患者さん(50代後半女性)の
手記を掲載しています。

今日は、第2話です。

実際に、彼女が加茂先生と会って、
入院するまでの経過を書き綴っています。

それでは、どうぞ、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私は、約8年ほど椎間板ヘルニアから来る痛みが、
筋力を減少させていたと思い,筋肉の痛みを訴え続けました。

しかし、何処の病院でも、簡単なストレッチのみの
処方で、しかも痛みがある時は禁止されたのです。

ではどうしたら、弱った筋力を元に戻すことが
出来るのでしょうという私の質問に返事はありませんでした。

加茂先生は、初めて筋肉の痛みを理解し、真剣に
私の痛みを受け止めて下さり、現在の整形外科医の
実態をお話くださいました。

椎間板ヘルニア、狭窄症、坐骨神経痛等と名前をつけ、
レントゲン、MRIの検査ばかりで、決して、筋力の低下から
くる痛みとは認めない。

加茂先生の説明は簡単、明瞭でした。

治療はトリガーブロック注射、低出レイザー照射、マッサージ
などです。

患部に打たれる痛みはあるものの、10分程度で緩和します。

思わず、「どのくらいの期間で、良くなるものでしょうか」と質問。

先生曰く「患った年数が長いので、それなりに時間はかかります。
しかし、良くなりますよ。8年もの長い間本当に可愛そうでしたね」

良くなると言って頂いたこと、また慰めの言葉が私にとっては、
感激であり、信頼感を得た瞬間でした。

さて、これからの治療法は、

トリガーブロック注射、心療内科、リハビリ(マッサージ)、
薬物療法で進めていきますが、と、少し間があり、もしかして思い、
私の方から「先生との信頼関係が必要なんですね。」と
話していました。

先生は、少しして、「入院の手続きをしていって下さい。」との
お返事でした。

そうですここは北陸、小松、私は関東。通院は無理です。

先生の横で,寡黙に座っていらしたご婦人は先生の奥様で、
毎月第2日曜日東京の新小岩にある新小岩わたなべクリニックで
自由診療(保険外診療)をしていると丁寧にご説明頂きました。

さてそれより電話のベルに敏感になりながら1ヶ月。

待ちきれず問い合わせしたものの、順番はまだ先とのこと。

逆にお待たせして申し訳ありませんとの返答に恐縮する次第。

待つ事2ヶ月目、義理の母が危篤状態になり帰らぬ人になり、
精神状態は不安定、痛みは増長するばかりの日々でした。

4月、5月新小岩井の病院でトリガーポイント注射を受けますが、
継続してこそ成果があると痛感しました。

5月17日にやっと連絡が入り、いざ小松、加茂整形外科医院へ!

~続く~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここまで、付き合ってくれてありがとうございます。

お読みになった中で、疑問や質問、ご意見等
ありましたら、下記の私のメールアドレスまで
お願いします。

匿名でもぜんぜん構いません。

info@sotaicanada.com

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。

『ぎっくり腰を痛みをその場で70%解消し3日で治す方法』
が、無料レポートとして蘇りました。

まだゲットしていない方は、こちらからお入りください

また、いちいちブログを観に来るのが面倒な方は
以下から、私のメルマガに登録しておいてください。

そして、このメルマガを腰痛に悩んでいるお友達に
教えてあげてください!

その場合は、この登録アドレスをお使いくださるよう
お願いいたします。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:患者手記
こんにちわ、小崎です。

今日から不定期ですが、カナダに在住していて、
1年前に日本にお帰りになった、元患者さん
(50代後半女性)の手記を掲載していきます。

もちろん、エクササイズについてもお伝えするので
ご安心ください。

この患者さんは、10年以上も腰痛に苦しんで、
おられました。

今だ、完全に治ったとは言い切れませんし、病院に
入院中です。

なぜ、この患者さんの手記を掲載したいと思ったか、、

それは、日本全国にいらっしゃる慢性腰痛の患者さんが
日々、抱えている問題を赤裸々に話して共有する場を
作りたいと思ったからでした。

ですから、もし、あなたが「ああ、わかるわかるこの気持ち!」
とか、「どんなに、大変だったのだろう?」とか、いろいろ
コメントがあると思います。

ぜひ、日頃、誰にもわかってもらえない慢性腰痛を
抱えている方は、メールやコメントを下さい。

ここに、出てくる加茂整形外科医院とは、トリガーポイント
療法で有名です。

こちらがサイトです。

以前、私のブログでもご紹介しています。

それでは、第1話をお届けします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初めてブログの様な文章を個人的に公開するので、
戸惑いつつ、薦めさせていただきます。

加茂整形外科にたどり着いた経緯、また、
私の病状などからお話しいたします。

思い起こせば、2002年の春、突然の痛みで
病院に運ばれて以来(診断の結果は椎間板ヘルニア
入院2ヶ月間)いくつもの整形外科を渡り歩きました。

しかし、一向に症状は改善されず、痛み止めの薬、
湿布のみの処方ばかりでした。

日増しに筋力は低下し、坐骨神経痛へと・・・・

首、肩、背中、腰、お尻、左足まで。

身体を支える力も減少し、外出もままならなくなりながらも、
何とか、気力だけは失わずに生活するのが精一杯でした。

4年ほど前に、カナダ、バンクーバーに移り住み、
そこで、操体カナダの小崎先生の施術を受けました。

初めて筋力の低下から来る痛みと判断され、操体法で
回復に向かったのです。

小崎先生により、肉体の回復は勿論の事、精神的な支えは
私にとって、感謝の言葉を、筆舌では表せない限りです。

しかし、残念な事に、2008年に日本帰国となりました。

帰国後、NHKの『ためしてガッテン!』で有名な
東京のペインクリニックに通院しました。

7種類の薬と、レイザーによる温存療法を1年余り続けましたが、
症状に改善は見られず、内視鏡による手術を宣告されました。

ただし、成功確率60%。
 
結局、日々の痛みに耐えかね手術に踏み切る決心をしました。

しかし、この手術に疑問を持ち、操体カナダの小崎先生に相談の結果
加茂整形外科をすすめられたいきさつを元に進めさせていただきます。

加茂先生には、事前に内視鏡手術を電話にて相談し、即答で反対の
お返事に力強さを感じ、小松空港に降り立ちました。

2010年、2月、北陸のどんよりした空。 
タクシーで15分あまり3階建ての加茂整形外科医院に到着。

さすがに、北陸の冬。

ダウンコートに身を包み寒い中30分あまり待ち、診察室へ。

白衣に身を包み、凛とした長身の加茂先生との出会いでした。

~続く~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は、この手記だけを載せることにします。

一両日中に、操体エクササイズのメルマガをお送り
しますので、ご期待ください。

ここまで、付き合ってくれてありがとうございます。

お読みになった中で、疑問や質問、ご意見等
ありましたら、下記の私のメールアドレスまで
お願いします。

匿名でもぜんぜん構いません。

info@sotaicanada.com

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。

『ぎっくり腰を痛みをその場で70%解消し3日で治す方法』
が、無料レポートとして蘇りました。

まだゲットしていない方は、こちらからお入りください

また、いちいちブログを観に来るのが面倒な方は
以下から、私のメルマガに登録しておいてください。

そして、このメルマガを腰痛に悩んでいるお友達に
教えてあげてください!

その場合は、この登録アドレスをお使いくださるよう
お願いいたします

copyright © 2017 ぎっくり腰を語るカナダの  一匹狼操体師 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。